梅毒の症状

梅毒の症状記事一覧

梅毒の初期症状一期

梅毒の初期症状一期梅毒は感染後、2~3週間で感染部位に小豆粒程のしこりのようなコリコリができます。初期硬結(しょきこうけつ)感染後、2~3週間でトレポネーマが侵入した所(感染した部位)に、小豆粒程のコリコリができますが、痛みやかゆみはありません。これを「初期硬結(しょきこうけつ)」といいます。初期硬...

≫続きを読む

梅毒の症状 二期

梅毒の症状二期(感染後3ケ月~3年)リンパ節で大量に増殖したトレポネーマが、血液で全身に広がり、バラ疹、丘疹性梅毒疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛など、さまざまな症状をひきおこします。バラ疹体幹部を中心に四肢、顔などに、淡紅色(ピンク色)のあざが、円を描くように現れ、数週間で消えます。数週間で消滅す...

≫続きを読む

梅毒の症状(しこり)

梅毒に感染すると、3週間ほどで感染した部分に硬い「しこり」のようなものができます。感染した部分が性器であれば性器に、肛門であれば肛門にできます。女性の場合、外陰部にできるケースが多いのですが、オーラルセックスで口に感染した場合は、口腔内(口の中)にできることもあります。この硬いしこりを初期硬結(しょ...

≫続きを読む

梅毒の症状が出ない無症候梅毒

梅毒の症状が出ない無症候梅毒梅毒は症状が出る時期と無症状をくり返し、進行していく性感染症(性病)です。皮膚や粘膜などに症状は認められなくても、血液検査で梅毒血清反応が陽性のものを「無症候梅毒」といいます。梅毒は2週間ほど症状が出ると、治ったかのように消えるため、症状が出ている期間と、次の症状が出るま...

≫続きを読む

梅毒の症状「バラ疹」

梅毒は性器感、肛門、口、皮膚、、どこから感染したとしても血液によって全身に移行し、梅毒2期に入ると、感染場所以外にもさまざまな全身症状が出てきます。「バラ疹」も梅毒2期の全身症状のひとつです。微熱や倦怠感と共に5㎜~2㎝までのバラの花びらのようなピンク色や薄赤い色の発疹(淡い紅班)が手の平や足の裏か...

≫続きを読む

梅毒の症状「丘疹性梅毒」

梅毒2期の「バラ疹」とは違う、赤く盛り上がったような湿疹「丘疹性梅毒疹(きゅうりょうせいばいどくしん)」も梅毒2期の全身症状のひとつです。「丘疹性梅毒」は手の平や足の裏、粘膜、頭部、顔など全身に症状が現れます。また症状の出る部分で違った名称もあります。梅毒乾癬(ばいどくかんせん)手の平や足の裏などに...

≫続きを読む

梅毒の症状「梅毒性粘膜班」

梅毒はどこから感染したとしても血液によって全身に移行し、梅毒2期に入ると、感染場所以外にもさまざまな全身症状が出てきます。「梅毒性の粘膜班」も梅毒2期の全身症状のひとつ。舌や口の中、咽喉に灰白色の病変部分ができ、非常に感染性が高い症状です。オーラルセックスやディープキスなどで感染します。えぇ キスで...

≫続きを読む

梅毒の症状「梅毒性脱毛」

梅毒はどこから感染したとしても血液によって全身に移行し、梅毒2期に入ると、感染場所以外にもさまざまな全身症状が出てきます。「梅毒性脱毛」も梅毒2期の全身症状のひとつです。梅毒に感染してから6ヶ月頃から側頭部に直径2mm~5mmくらいのいびつな脱毛症状が表れ始め、頭全体に拡大していきます。円形脱毛症と...

≫続きを読む

梅毒で失明する?(梅毒の症状)

梅毒の症状は多彩で、眼に表れた場合は失明の危険もあります。原因不明の両眼視神経炎で眼科を受診しても、原因が梅毒であると気がつく眼科医は少ないかもしれません。経験豊かで井上眼科病院名誉院長をなさっている若倉雅登先生のコラムを読んでそう感じました。●若倉雅登先生のコラム「風俗店に出入り」でピンと来た! ...

≫続きを読む

カユミのない皮疹は梅毒の疑いもある…

カユミのない皮疹にご用心感染の機会から3か月ほどたち、梅毒2期に入ると梅毒の病原菌であるトレポネーマが血液にのって全身に広がります。そして感染場所以外にもさまざまな全身症状が出てきます。カユミのない皮疹、「バラ疹」「丘疹性梅毒疹」「梅毒性粘膜班」などが代表的ですが、さまざまな症状があると思った方がよ...

≫続きを読む

潜伏梅毒とは

血清梅毒反応陽性で無症状の状態を潜伏梅毒といいます早期潜伏梅毒と後期潜伏梅毒早期潜伏梅毒第一期の症状消失後、第二期の症状が出るまで後期潜伏梅毒感染後、1年以上経ち、血清梅毒反応は「陽性」で、無症状の場合。この症状が消えている時期を後期潜伏梅毒といいます。特に梅毒二期は視覚的にわかりやすい症状が出ては...

≫続きを読む


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?