梅毒の症状

梅毒の症状記事一覧

梅毒の初期症状一期

梅毒の初期症状一期梅毒は感染後、2~3週間で感染部位に小豆粒程のしこりのようなコリコリができます。初期硬結(しょきこうけつ)感染後、2~3週間でトレポネーマが侵入した所(感染した部位)に、小豆粒程のコリコリができますが、痛みやかゆみはありません。これを「初期硬結(しょきこうけつ)」といいます。初期硬...

≫続きを読む

梅毒の症状 二期

梅毒の症状二期(感染後3ケ月~3年)リンパ節で大量に増殖したトレポネーマが、血液で全身に広がり、バラ疹、丘疹性梅毒疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛など、さまざまな症状をひきおこします。バラ疹体幹部を中心に四肢、顔などに、淡紅色(ピンク色)のあざが、円を描くように現れ、数週間で消えます。数週間で消滅す...

≫続きを読む

梅毒の症状が出ない無症候梅毒

梅毒の症状が出ない無症候梅毒梅毒は症状が出る時期と無症状をくり返し、進行していく性感染症(性病)です。皮膚や粘膜などに症状は認められなくても、血液検査で梅毒血清反応が陽性のものを「無症候梅毒」といいます。梅毒は2週間ほど症状が出ると、治ったかのように消えるため、症状が出ている期間と、次の症状が出るま...

≫続きを読む

潜伏梅毒とは

血清梅毒反応陽性で無症状の状態を潜伏梅毒といいます早期潜伏梅毒と後期潜伏梅毒早期潜伏梅毒第一期の症状消失後、第二期の症状が出るまで後期潜伏梅毒感染後、1年以上経ち、血清梅毒反応は「陽性」で、無症状の場合。この症状が消えている時期を後期潜伏梅毒といいます。特に梅毒二期は視覚的にわかりやすい症状が出ては...

≫続きを読む


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?