梅毒の治療費はいくらかかるか

梅毒の治療費はいくらかかるか

梅毒の治療費はいくらかかるか

病院での治療は、健康保険を使うか自由診療かによって費用が変わってきます

 

梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療なので、費用は診察料、検査料、薬代、再診時の再診料などがかかると思っておきましょう。

 

性感染症の専門病院は、自由診療の病院が多く、高いというイメージがありますが、プライバシーに配慮があったり、多くの性病を見てきた経験があるので、個人的には性感染症科(性病科)がおすすめです。

 

自由診療の場合のイメージ

梅毒検査:だいたい8000円くらい
薬代:10000円(4週間分の抗生剤処方)~

 

※自由診療の場合は病院の方針で、料金は自由に設定されています。ホームページなどの「料金表」に明示されているので確認しておきましょう。

 

健康保険を利用した場合イメージ

診察料 3000~5000円くらい
検査費用2000~4000円くらい
薬代  3000円~

 

※健康保険を使用する場合は匿名検査はできません。また症状がない場合の検査など、健康保険が適用にならないこともあります。

 

ネットのQ&Aサイトを見ると、病院に行った事を家族や会社の人に知られるのを恐れて、病院に行くのを考えている人もいるようですが、症状がある場合は、できるだけ早く病院で診察を受けてください。

 

※よく読まれている記事
梅毒はキスでも移るの?
入浴でも梅毒は移る?
梅毒の検査時期について

 

 



本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,初期症状,治療費,治療法



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,初期症状,治療費,治療法



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒の治療費はいくらかかるか関連ページ

梅毒の治療法について
梅毒の治療法について、梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療を行ないます。海外ではペニシリンGの筋注単回投与が主流ですが、国内ではペニシリン剤などの飲み薬で治療します。
梅毒の治療期間はどのくらいかかるのか
梅毒の治療期間の目安は、第一期の治療期間:2週間から4週間、第二期の治療期間:4週間から8週間 第三期以降の治療:8週間から12週間ほどです。
梅毒治療には痛み、吐き気などの副作用がでる
梅毒治療を始めると、数時間から数日以内に発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛などの症状が出る事があります
梅毒は一度かかると完治はしないの?
梅毒は一度かかると完治はしないの?梅毒に感染すると一生検査で陽性反応が出ます。梅毒検査のTPHA法は感染し、一度陽性となると治療と経過にかかわらず陽性が持続するのです。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?