中国では銀行員がお札を数えた手から性病に感染…

中国では銀行員がお札を数えた手から性病に感染…

中国元を数えた手から性病に感染…

中国では日常業務で人民元を数える女性銀行員が、トイレに行く前に手を洗わなかったことから性病に感染したというニュースを読みました。(中国メディアの温州都市報に掲載されていたニュースより)

 

性病に感染した女子行員は30歳で恋人有。

 

恋人から感染の可能性もあるので、恋人も確認診察し、感染していなかったことから、お札を数えた手を洗わずトイレに行ったことが感染原因と結論付けられていました。

 

同病院では過去にも同じような例があり、男性との交際経験のない20歳の女性行員が性病に感染…。

 

温州都市報では、比較的新しい1元札を調べたところ、1枚当たり平均で120万の病原菌(赤痢菌、大腸菌、ブドウ球菌、B型肝炎ウイルス、淋菌など)の存在が確認されました。

 

そして1時間紙幣を数えたときに、手に付着している病原菌は300万以上になっていたといいます。

 

もともと「お金は汚い」と言われていますが、香港城市大学細菌学研究センターが行った調査では、中国の紙幣は1枚当たりの細菌数が17万8000個に達し、細菌数で見た場合にアジアでもっとも不潔な紙幣であることがわかっています。

 

2位は香港とカンボジアの紙幣。中国元が17万8000個だったのに対し、1万個ということで、かなりの差があります。

 

日本ではあまり汚いお札を見たことないですよね。日本では、そのようなお札は回収されるため、目にすることがないんです。

 

ちなみに日本円は東京23区内10か所の店舗で受け取った1000円札を調べたところ、最大で440個、最小で62個だったそうです。(調査数はsmartFLASHの記事より)

 

 

感染症の予防に手洗いは基本

病原菌が手から感染したのではなく、病原菌の付着した手を洗わず、トイレに行ったことで感染したと聞くと、手洗いの大事さを実感しました。

 

性病の種類は公表されていませんが、恐ろしいですよね…。

 

乾燥と温度に弱いと梅毒スピロヘーターは、生体外では1~2時間で死滅するといいますが、逆に言えば、1~2時間は感染の可能性があるとも言い換えられます。

 

梅毒に限らず、さまざまな感染症の予防に手洗いは有効です。

 

インフルエンザの予防でも、うがいやマスクより、まず手洗いの励行を推奨するくらい、手洗いは大事です。

 

石鹸を使い、流水で15秒から30秒ほど時間をかけて洗うことで、感染を大幅に予防できると言われています。

 

※よく読まれている記事
梅毒はキスでも移るの?
梅毒はアナルセックスで感染しやすい
セックス以外で梅毒に感染する?


※閲覧の多い記事です

中国では銀行員がお札を数えた手から性病に感染…関連ページ

梅毒の感染状況
梅毒感染は1967年から減少傾向でしたが2012年から年々増加しています。感染経路が同じためHIVエイズとの重複感染もみられ、症状がひどくなるケースもでてきています。
中国の梅毒感染者数
中国の梅毒感染者数ですが、「2015年全国法定伝染病流行状況」によれば、中国の梅毒感染者数は15年で43万3974人。人口で言えば、日本の11倍ですが、梅毒感染者の数で言えば100倍以上…

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?