病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット

病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット

病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット

病院で梅毒検査を受けるメリット

病院で梅毒検査を受ける場合のメリットは、陽性反応が出た場合、そのまま治療に進むことができる点でしょう。

 

また、不安な事やこれからの治療についても、その場で話せるというのも大きなメリットです。

 

梅毒特有の症状が見られる場合は、メリットデメリットなどを考える前に、可能な限り早く病院に行ってください。

 

今でこそ梅毒は不治の病ではなくなったものの、ほっておけば死に至る病気である事は変わりません。早期発見早期治療が大事です。

 

病院で梅毒検査を受けるデメリット

病院で梅毒検査を受けようと思った時、あなたなら近所の病院で検査を受けますか?

 

性病検査、特に梅毒検査を受けようと思う人は、たいていの場合、近くの病院には行きません。

 

知り合いに見られたくない、知られたくない、噂が広まったら困る…そういう思いから、ちょっと離れた病院を選ぶ人が多いのです。そうなると交通費もバカになりませんよね。

 

また、病院で梅毒検査を受ける場合、病院の方針によって費用が異なります。健康保険が使える病院では3割負担、自由診療の場合は実費となります。

 

ただでさえ感染の不安を抱えているのに、費用がいくらか尋ねなければ分からないというのも、やはりデメリットの1つでしょう。

 

自由診療を行なっている性感染症科の多くは、プライバシーに配慮があり、ホームページでは検査費用、治療費、薬代などを明示していますが、やはり自由診療は高額です。

 

最近ではクレジット決済ができる病院も増えました。検査だけでなく治療も行なう場合はまとまった額になるので、予め行こうと思っている病院に、費用に関して問い合わせておくことをおすすめいたします。

 

※よく読まれている記事
梅毒はキスでも移るの?
入浴でも梅毒は移る?
セックス以外で梅毒に感染する?

 





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,病院,検査,デメリット,メリット



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,病院,検査,デメリット,メリット



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット関連ページ

保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
保健所で行なっている性感染症の検査は月に2回程度。タイミングが合わないと、不安を抱えたまま数週間を過ごす事になります。また全ての保健所で梅毒検査を行なっているわけではありませし、人数制限をもうけている場合もあります。
郵送式の梅毒検査を受けるメリット・デメリット
郵送式梅毒検査のメリットは自宅にいながら、保健所や病院と同じ精度の精度の高い検査を受けられるのことが、最大のメリットです。
梅毒検査は大病院より専門病院
梅毒感染の不安から病院で検査・診察を受ける場合は、総合病院などの大病院を利用するよりも、症状や症例に詳しい専門病院(性感染症科・性病科)がおすすめです。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?