なぜ性病検査キットを利用する人が多いのか

なぜ性病検査キットを利用する人が多いのか

検査キットは病院に行く前のセルフチェック

梅毒に感染したかもしれないと不安に思うなら、初めから病院で検査を受ければいいのに!
…と思う方もいると思います。

 

梅毒特有の症状「硬性下疳」「バラ疹」「丘疹性梅毒疹」が出ているのであれば、迷わず病院で治療を受けることが先決です。

 

そして多くの場合、症状が出ている人は皮膚科、泌尿器科、婦人科などで診察を受けています。

 

しかし、症状はないけれど不安行為があったので心配…という人も多いのです。感染したかどうか確認した上で病院に行きたい人も多いんですね。

 

梅毒は潜伏期間や無症候梅毒もありますし、早期発見できれば治療期間も短くて完治します。

 

梅毒をはじめとする性病検査キットは、病院に行く前のセルフチェックとして利用する人が多いのです。

 

 

検査キットは秘匿性が高い

実際、性病検査キットを利用者した人で陽性反応が確認されるのは僅かであるといいます。

 

ではなぜ検査キットの利用者が多いのでしょうか。

 

それは検査を受ける時のハードルの低さにあります。病院に行って検査を受けるストレスに比べたら、検査キットは秘匿性が高く、検査を受けやすいんですね。

 

検査キットを利用する人の多くに共通しているのが「感染しているかどうか確認したい」という思いです。感染の不安から逃れるには、検査を受けるしかないのを十分知っているからです。

 

検査キットを利用して「陰性」が確認できれば、ホッと一安心できます。恥ずかしい思いをして病院に行かなくてよかったわけです。

 

病院に行かず、その不安を払拭してくれるのが検査キットというわけです。

 

 

もしも「陽性」だったら…

感染したかも…という不安から一歩進んで
病院に行く
という覚悟に繋がります。
ぐずぐず悩んでるわけにはいきません、
検査キットで治療はできませんから。

 

病院に行って治療を受ける以外にない!
という決心がつくという意味でも、検査キットの持つ意味は大きいと思います。

 

「ふじメディカル」や「STD研究所」では、アフターケアもしっかりしていいるので、不安に思うこと、受け入れ病院にも対応してくれます。

 

陽性だとわかったのであれば、あとは早期治療で治すこと!

 

腹を決めて治療に専念しましょう

 

※よく読まれている記事
梅毒の検査時期について
梅毒の初期症状
梅毒の主な感染経路

 





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,検査時期,検査のタイミング,検査キット,メリット



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,検査時期,検査のタイミング,検査キット,メリット



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

 

 

 

 


※閲覧の多い記事です


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?