クラミジアは日本で感染者数が一番多いSTD(性病)

クラミジアは日本で感染者数が一番多いSTD(性病)

クラミジアは日本で感染者数が一番多いSTD(性病)

クラミジアの感染者は100万人以上といわれ、特に10代後半から20代にかけての感染者が増加しています。感染していても症状を感じないことが多いく、性病に感染しているという認識がないまま、セックスや性交渉などでパートナーへ移してしまうことが多いのです。

 

一般の高校生を調査したところ、性経験者のうち、女性では13.1%、男性では6.7%が感染していたとの報告があるほど広がりを見せています。

 

クラミジアの感染について(どうしてうつるの?)

クラミジアは性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染します。特にオーラルセックスでのどに感染するケースも増加傾向にあります。

 

クラミジアの主な症状

●男性が主に感染する部分は尿道です。
 ・陰部のかゆみや不快感
 ・尿道から「うみ」が出る(量は少なく粘度もさまざま)
 ・軽い発熱や排尿痛、など

 

●女性の場合は子宮頸管へ感染
子宮頸管炎→腹腔内に進入→骨盤内でさまざまな症状を発症
 ・不正出血
 ・おりものが増加する
 ・下腹部の痛み
 ・性交時(セックスの時の)痛み

 

女性の場合は特に症状を感じない場合が多いといいます。ただ、感染したまま放置しておくと卵管炎を起こし、子宮外妊娠や不妊症、また子宮外妊娠の原因にもなるので、早期の対応が重要です。

 

クラミジアの対処方法

症状を感じないといわれるクラミジアですが、明らかな症状がある場合は病院で早期診断を行いましょう。クラミジアは感染率が高いので、パートナーがいる場合は2人同時の検査をオススメします。

 

近くに病院が見つからない
忙しくて病院に行く時間がない
性病検査を病院で受けることに抵抗がある

 

…などの場合は、プライバシーに配慮した
自宅でできる検査キットもあります。
もちろん匿名で検査ができます。

 

クラミジアの受診科は?

男性 の場合:泌尿器科、性病科
女性 の場合:婦人科(産婦人科)性病科
咽頭感染の場合は 耳鼻咽喉科
※クラミジア感染症の治療に対応していない耳鼻咽喉科もあります

 

治療費用は?(あくまでも目安としてお考えください)
診察料 3,000~5,000円 位
検査代 4,000円 位
薬代 3,000円~

 

自宅で出来る性病検査
性病検査3つの安心
・2日で検査結果が出る、クイックレスポンス!
・SDA法(遺伝子検査)核酸増幅法による精度の高い性病検査!(自社ラボ)
・10年の実績を持つ横浜市衛生検査所です!


※閲覧の多い記事です


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?