保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット

保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット

保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット

 

保健所で梅毒検査を受けるメリット

保健所で梅毒検査を受けるメリットは、費用がかからない、或いはかかっても500円程度であるという費用の面だけだと思います。

 

保健所で梅毒検査を受けるデメリット

デメリットは多いです。

 

まず保健所で行なっている性感染症の検査は月に2回程度。タイミングが合わないと、不安を抱えたまま数週間を過ごす事になります。また全ての保健所で梅毒検査を行なっているわけではありませし、人数制限をもうけている場合もあります。

 

検査結果は2週間後くらいにわかりますが、電話や郵送での通知はしていません。結果を聞きに再度保健所に出向く事になります。

 

加えて、保健所で行なっている性病検査は基本的にHIV(エイズ)検査とセットなので、感染の機会から3ヶ月経過後ということになります。

 

保健所は公的な機関なので、知り合いに会ったり見られたりすることもあるでしょう。あまり人に会わずに検査を受けたい場合も保健所は適当ではないと思います。

 

梅毒は早期発見早期治療が大事、感染の機会から4週間後から検査が可能です。早期発見できれば治療期間も短くてすみます。保健所の検査日とタイミングが合うなら別ですが、保健所での検査はあまりメリットがあるとは思えません。

 

梅毒特有の症状が見られる場合は、メリットデメリットなどを考える前に、可能な限り早く病院に行ってください。

 

今でこそ梅毒は不治の病ではなくなったものの、ほっておけば死に至る病気である事は変わりません。早期発見早期治療が大事です。

 

※よく読まれている記事
梅毒の検査時期について
梅毒の初期症状
梅毒の主な感染経路

 



本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,保健所,検査,デメリット,メリット



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,保健所,検査,デメリット,メリット



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット関連ページ

病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
病院で梅毒検査を受けようと思った時、あなたなら近所の病院で検査を受けますか?性病検査、特に梅毒検査を受けようと思う人は、たいていの場合、近くの病院には行きません。
郵送式の梅毒検査を受けるメリット・デメリット
郵送式梅毒検査のメリットは自宅にいながら、保健所や病院と同じ精度の精度の高い検査を受けられるのことが、最大のメリットです。
梅毒検査は大病院より専門病院
梅毒感染の不安から病院で検査・診察を受ける場合は、総合病院などの大病院を利用するよりも、症状や症例に詳しい専門病院(性感染症科・性病科)がおすすめです。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?