梅毒の最新ニュース

梅毒感染が急増中

梅毒の感染者数が年々増えているのをご存知ですか?

 

梅毒は感染が確認された場合、医療機関は1週間以内に感染の報告を行なう制度があります。
それによると

 

2010年から増加傾向になり
2012年  875例
2013年 1228例
2014年 1671例
2015年 11月8日時点で 2155例

 

2014年の同じ時期と比べると、2015年は1.5倍のペースで感染が拡大しています。

 

患者数の報告をみると男性が圧倒的に多く
8割が男性
2割が女性

 

最近の傾向では、20代前半の女性で2014年の3倍近くに急増していることがわかり、ニュースになりました。

 

また感染者数が多いのは東京、大阪、愛知、神奈川、福岡などの大都市で全体の62%を占める感染報告が上がっています。

 

なぜここまで感染が拡大したのか、原因はわかっていません。

 

性感染症科の医師の話では、性教育と予防がおろそかになっているからではないかとの話もあります。

 

それでもここまで感染が拡大しているのは、人事ではないですよね。昔の病気と思っていた梅毒が、今では急増中なんですから…

 

昔と違って梅毒は早期発見で治療できる性病になりました。

 

もしも不安な行為があったなら、早めに医療機関で検査を受けてみることをオススメいたします。

 

最近は病院に行く前にセルフチェックをする人も増えてきました。

 

郵送式なので自分の都合に合わせて検査できるので手軽です。

 

※よく読まれている記事
病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
郵送式の梅毒検査を受けるメリット・デメリット

 

 



本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,感染経路,検査,症状,エイズと併発,タイミング,時期



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,感染経路,検査,症状,エイズと併発,タイミング,時期



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?