梅毒 検査方法

梅毒の検査方法

梅毒の検査方法は2通り

梅毒の検査方法は2通りあります。

  • 梅毒血清反応検査
  • 血液を採取し検査する方法
    (RPR法・TPHA法)

  • 顕微鏡での目視検査
  • 病変部の分泌物を採取し顕微鏡で目視検査する方法

初期硬結などから出る分泌液を採取して、顕微鏡で見る目視検査は、現在はあまり行われておらず、血液を採取して行う血清反応検査が主流です。

 

 

梅毒の血清検査

梅毒かどうかを調べる血液検査も2種類あります。
STS法とTP法です。
どちらの検査方法にも長所と短所があります。

 

梅毒 検査 RPR法

梅毒に感染すると、脂質抗原に対するリン脂質抗体が作られます。

 

リン脂質抗体は、感染の機会から2週間~4週間で血中に現れるため、感染から早い段階で検査が可能です。

 

STS法にはRPR法、ガラス板法、凝集法などがありますが、現在の主流はRPR法です。

 

【RPR法のメリット】
比較的早い時期から検査が可能であること
治療が終われば陰性になることです。

 

治療の効果を確認できるため、完治しているかどうかの判定にも用いられています。

 

【rpr法のデメリット】
リン脂質抗体は梅毒と直接関係がないこと
5%~20%程度、疑陽性が含まれる事です。

 

rpr法のデメリットは、直接梅毒の原因を調べる検査ではないので、5%~20%程度、疑陽性が含まれてしまうんですね。

 

梅毒以外の原因(妊娠、膠原病、慢性肝炎、肺結核など)、でも「陽性反応」を示す場合があります。

 

RPR法は正確な検査とはいえませんが、早期診断、治療効果を確認できる点から、梅毒検査に有効な検査方法として用いられています。

 

 

梅毒 検査 TPHA法

梅毒 検査 TPHA法(トレポネーマパリダム抗体検出検査)は、梅毒の原因である「トレポネーマ」に対する抗体反応を調べる方法。梅毒感染の有無を調べるには適切な検査方法です。

 

【TPHA法のメリット】
梅毒の病原菌に対する抗体を検査するので、梅毒以外で陽性反応が出ることは、まずありません
TPHA法で陽性であれば、梅毒に感染している、或いは過去に梅毒に感染していたことがわかります。

 

【TPHA法のデメリット】
TP抗体検査は感染の機会から4週間~6週間後となるため早期診断には向きません

 

たとえ治療して完治していても、TPHA法で検査を行うと、半永久的に梅毒の「陽性反応」が出ます

 

そのため、「今」感染しているのか、「過去」に感染していたのかの判断ができないのがデメリットです。

 

 

では実際の梅毒検査は?

医療機関で梅毒検査を行う場合、RPR法を用いた後にTPHA法を用いていましたが、最近では同時に検査するところも多くなってきました。

 

早い時期から検査ができるrpr法の利点と、梅毒感染を特定できるTPHA法を組み合わせ、早期に感染を確定させる為でしょう。

 

これは個人的な見解になりますが、梅毒感染が短期間に拡大してきた事がその背景にあると思います。

 

梅毒はペニシリンによる治療法が確立して、死に至る病気ではなくなりましたが、早期発見が大事であることに変わりはありません。

 

梅毒とHIVの重複感染するケースも見られるようになってきているので、感染の不安がある場合は、タイミングを見て確認検査しておかれるとよいでしょう。





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒検査方法,rpr法,梅毒 検査 時期,梅毒 検査キット, 梅毒検査 保健所



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒検査方法,rpr法,梅毒 検査 時期,梅毒 検査キット, 梅毒検査 保健所



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。

 


※閲覧の多い記事です

梅毒 検査方法記事一覧

梅毒の検査方法は2通り

梅毒の検査方法は2通り梅毒の検査方法血清検査は2種類あります。STS法とTP法です。どちらの検査方法にも長所と短所があります。梅毒 検査 STS法は早期診断が可能梅毒に感染すると、脂質抗原に対するリン脂質抗体が作られます。STS法は、血液中のリン脂質抗体を検査する方法です。リン脂質抗体は、感染の機会...

≫続きを読む

梅毒検査 STS法

梅毒検査には、2種類あります。梅毒の病原菌であるトレポネーマ(TP)を抗原とした検査(TP法)と、リン脂質抗原を用いた検査(STS法)です。「TP法」「STS法」の2つの検査方法は、トレポネーマの感染によってできる抗体を検出する事で、梅毒に感染しているかどうかを判断します。どちらの検査方法にもメリッ...

≫続きを読む

梅毒検査 TPHA法

梅毒検査には、2種類あります。梅毒の病原菌であるトレポネーマ(TP)を抗原とした検査(TP法)と、リン脂質抗原を用いた検査(STS法)です。「TP法」「STS法」の2つの検査方法は、トレポネーマの感染によってできる抗体を検出する事で、梅毒に感染しているかどうかを判断します。どちらの検査方法にもメリッ...

≫続きを読む

梅毒検査 RPR法

梅毒検査「RPR法」は梅毒の血清反応検査「STS法」のひとつです。感染の機会から2~5週で陽性反応を確認できるため、梅毒の早期発見に有効。しかし梅毒とは直接関係がないリン脂質抗体を検査するので、梅毒以外の疾患でも5~20%の「偽陽性」が含まれます。そのため、梅毒の診断ではSTS法とTP抗体を併せて行...

≫続きを読む

梅毒検査 ガラス板法

梅毒の血清反応検査は大きく分けて2種類あります。リン脂質を抗原とする脂質抗原検査(STS)梅毒トレポネーマの抗原検査(TPHA)梅毒検査のガラス板法はSTSのひとつで、ガラス板の上で抗原と血清を反応させて沈降を顕微鏡でみて判定する方法です。※ガラス板法による検査は測定試薬の製造中止のため現在では行わ...

≫続きを読む


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?