梅毒 検査方法

梅毒検査 STS法

梅毒検査には、2種類あります。

 

梅毒の病原菌であるトレポネーマ(TP)を抗原とした検査(TP法)と、リン脂質抗原を用いた検査(STS法)です。

 

「TP法」「STS法」の2つの検査方法は、トレポネーマの感染によってできる抗体を検出する事で、梅毒に感染しているかどうかを判断します。どちらの検査方法にもメリットとデメリットがあります。

 

STS法はどんな検査?

STSは、カルジオリピン、レシチンのリン脂質を抗原とする脂質抗原検査です。

 

トレポネーマによって破壊された抗体を検出して「陽性」か「陰性」かを判断します。

 

STS法の最大の利点は
感染の早い時期から「陽性」となること
治療により「陰性」となるため、
治療効果の判定にも使えることです。

 

STSでの検査は、梅毒に感染してから2週間~5週間で陽性となります。TP法と比べるとかなり早い段階から感染がわかるんですね。

 

しかしトレポネーマを抗原とした検査ではないため、梅毒以外の疾患や感染症でも5%~20%の割合で「陽性」となることがあります(生物学的偽陽性(せいぶつがくてきぎようせい)といいます)。

 

多くの場合、STSでスクリーニング(ふるい分け検査)を行い、「陽性」であれば「TP法」で梅毒に感染しているかどうかを判断します。

 

だったらはじめからTP法で検査すればいいのに!と思うかもしれません。

 

感染から十分な期間が立っている場合はSTS検査と,TPHA検査を同時に行い感染を判断します。しかしTP法は感染の機会から4週間~6週間後の検査となるため、早期診断には向かないのです。

 

RPR法は正確な検査とは言えませんが、早期診断、感染拡大の抑制に有効である事からTP法と共に梅毒検査に大きな役割を持っています。

 

STS法には「ガラス板法」「RPR法」「凝集法」などの検査法があり、現在の主流はRPR法です。

 

※ガラス板法による検査は測定試薬の製造中止のため現在では行われていません。





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒検査,STS法,梅毒検査いつから,rpr法,TP法



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒検査,STS法,梅毒検査いつから,rpr法,TP法



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒検査 STS法関連ページ

梅毒の検査方法
梅毒検査には2種類あります。梅毒の病原菌であるトレポネーマ(TP)を抗原とした検査(TP法)とリン脂質抗原を用いた検査(STS法)です。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?