梅毒の治療について

梅毒 治療 ペニシリンについて

梅毒治療薬として有名なのが「ペニシリン」です

 

梅毒1期と2期であれば1回の注射で済むので海外ではペニシリンGの筋肉注射が標準的ですが、日本では内服薬で治療を行っています。

 

日本でも過去にペニシリン注射による治療を行っていましたが、アレルギーによるショック死が発生して以来、筋肉注射は行われていません。

 

ペニシリンの内服で治療

梅毒の病原菌「トレポネーマ」を死滅させるのに「ペニシリン」が有効である事は、現在でも変わりません。

 

耐性菌の報告もないので、梅毒の現時点ではこの治療法が最も効果が高いといわれています。

 

ペニシリンの筋肉注射は1回の治療で済む場合もあるほど強力ですが、日本国内では使用できないので、内服薬での治療になります。

 

もちろん内服薬でも十分な治療効果はあるので安心してください

 

ただ、投薬期間は長くかかります。

内服による投薬期間

第1期 2週間~4週間
第2期 4週間~8週間
第3期 8週間~12週間

 

薬の飲み忘れや、自己判断で服用を中止すると、梅毒が再発するので、決められたとおりの服用がとても大事です。

 

またこの期間内服したから終わりと言うのではなく、投薬後に再度血液検査を行ない、医師が数値を見て完治しているかどうかの判断を行います。

 

完治したかの判定

ペニシリンなどの抗生物質を指示通り服用した後に、症状の再発がないかどうか、血液検査で判定を行ないます。

 

判定に使われる検査は「STS法」を用い、梅毒に感染したことで作られるリン脂質の値を測定する事で症状の有無を判定します。

 

STS法で測定するリン脂質の値は、治療を行う事で低下していくので、この数値を見ることで治療の効果を判断する事ができるのです。

 

数値が下がらない場合は、再感染や、HIVと合併感染(重複感染)しているケースもあります。

 

梅毒は早期発見がとても大事

梅毒に限ったはなしではありませんが、早期発見できれば治療期間も短く完治が望めます。

 

もしも梅毒と思われる症状があるなら、なるべく早く医師の診断を受けてください。

 

梅毒は無症候もあるので、症状はないけれど不安な行為があったのであれば、タイミングを見て一度検査を受けておかれることをオススメします。





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,治療薬,ペニシリン,筋肉注射,サワシリン



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,治療薬,ペニシリン,筋肉注射,サワシリン



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒の治療 ペニシリンについて関連ページ

梅毒の治療法について
梅毒の治療法について、梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療を行ないます。海外ではペニシリンGの筋注単回投与が主流ですが、国内ではペニシリン剤などの飲み薬で治療します。
梅毒の治療薬
梅毒の治療薬で使われているのは主にペニシリン系の抗生物質です。ペニシリンにアレルギーがある場合は、抗真菌薬やテトラサイクリン系の抗生物質などを用いて治療を行います。
梅毒の治療期間はどのくらいかかるのか
梅毒の治療期間の目安は、第一期の治療期間:2週間から4週間、第二期の治療期間:4週間から8週間 第三期以降の治療:8週間から12週間ほどです。
梅毒の治療費はいくらかかるか
梅毒の治療費用はいくらかかるか、病院での治療は、健康保険を使うか自由診療かで費用が変わってきます。梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療です。
梅毒治療には痛み、吐き気などの副作用がでる
梅毒治療を始めると、数時間から数日以内に発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛などの症状が出る事があります
梅毒は一度かかると完治はしないの?
梅毒は一度かかると完治はしないの?梅毒に感染すると一生検査で陽性反応が出ます。梅毒検査のTPHA法は感染し、一度陽性となると治療と経過にかかわらず陽性が持続するのです。
梅毒治療、ペニシリン注射の解禁も?
梅毒治療、ペニシリン注射の解禁も?梅毒は非常に感染力の強い性病(性感染症)です。初期症状は痛みやかゆみのない赤いびらん(隆起物)が感染部位に現れ、破れて潰瘍になること。押すとコリコリとしたしこりのような感触が特徴です。感染4週目以降から検査で感染の有無がわかります。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?