梅毒の治療について

梅毒の治療法について

梅毒の治療法について

梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療を行ないます。

 

海外ではペニシリンGの筋注単回投与を行なっているところが多いようですが、国内では経口合成ペニシリン剤(アモキシシリンなど)、簡単に言ったら飲み薬で治療します。

 

治療開始後数時間で、体内に増殖していたトレポネーマが大量に死滅するので、一時的に発熱、悪寒、頭痛。全身の倦怠感などの症状が出る事があります。これはヘルクスハイマー現象と呼ばれている反応で、長くは続きません。

 

梅毒感染が分かった時点のステージ(ほとんどの場合が梅毒二期でわかることが多い)にもよりますが、場合によっては数日入院して様子を見ることもあります。

 

いずれにしても、感染が確認されたあと、医師から今後の治療についても説明や、投薬が始まってすぐの症状(ヘルクスハイマー現象)については詳しく説明があるはずです。

 

※よく読まれている記事
梅毒はキスでも移るの?
入浴でも梅毒は移る?
セックス以外で梅毒に感染する?

 

 





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,初期症状,検査,治療法



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,初期症状,検査,治療法



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒の治療法について関連ページ

梅毒の治療薬
梅毒の治療薬で使われているのは主にペニシリン系の抗生物質です。ペニシリンにアレルギーがある場合は、抗真菌薬やテトラサイクリン系の抗生物質などを用いて治療を行います。
梅毒の治療期間はどのくらいかかるのか
梅毒の治療期間の目安は、第一期の治療期間:2週間から4週間、第二期の治療期間:4週間から8週間 第三期以降の治療:8週間から12週間ほどです。
梅毒の治療費はいくらかかるか
梅毒の治療費用はいくらかかるか、病院での治療は、健康保険を使うか自由診療かで費用が変わってきます。梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療です。
梅毒治療には痛み、吐き気などの副作用がでる
梅毒治療を始めると、数時間から数日以内に発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛などの症状が出る事があります
梅毒は一度かかると完治はしないの?
梅毒は一度かかると完治はしないの?梅毒に感染すると一生検査で陽性反応が出ます。梅毒検査のTPHA法は感染し、一度陽性となると治療と経過にかかわらず陽性が持続するのです。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?