梅毒の治療薬

梅毒の治療薬

梅毒の治療薬はペニシリン系の抗生物質

 

梅毒の治療薬で使われているのは主にペニシリン系の抗生物質です。

 

ペニシリンにアレルギーがある場合は、抗真菌薬やテトラサイクリン系の抗生物質などを用いて治療を行います。

 

梅毒は感染経路が同じことから、HIVと同時感染の報告も多くなってきており、HIVの合併症を起こしている場合にも同様の治療方法を行っています。

 

日本国内では、基本的にペニシリン注射での治療は行われておらず、梅毒の治療薬は飲み薬を医師の指示に従って服用します。

 

ペニシリン系抗生物質

服用期間は4週間以上
症状・感染からの期間によって変わります

  • アモキシシリン
  • 梅毒の治療薬として有名な薬で、よく使用されています。
    性病以外にも呼吸器系などの感染症にも有効な薬品です。

  • アンピシリン
  • 昔から最近に対する治療薬として使用されてきたお薬です。
    医薬品の【ビクシリン】と同一成分の薬です。

 

テトラサイクリン系抗生物質

服用期間は4週間以上
症状・感染からの期間によって変わります

  • アポミノサイクリン
  • ペニシリンにアレルギーがある場合、アポミノサイクリンを処方することが多いです。
    医薬品の【ミノマイシン】と同一成分の薬です。

 

抗真菌薬
  • ジスロマック
  • ジスロマック(アジスロマイシン)は真菌や細菌に対して効果のある薬品です。
    1回の服用で1週間ほど効果が持続するため、飲み忘れることがありません。
    クラミジアの治療などにもよく利用されています。決められた期間服用ても、自己判断で薬をやめるのではなく、病院での再検査で、医師が完治というまで指示に従いましょう。

 

梅毒の治療で大事なこと

梅毒の治療で大事なのは、勝手に自己判断で治療(薬の服用)をやめないことです。
完治したかどうかは血液検査の数値を見ながら、医師の判断にゆだねます。

 

治療を途中でやめてしまうと、せっかく下がりかけていた数値も上昇し、梅毒のステージが上がっていきます。

 

※梅毒の治療薬はアナフィラキシーショックや副作用が出る場合もあります。少しでも身体に変調を感じた場合には薬の服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

 

 

梅毒の症状は出ていないけれど…

梅毒の症状は出ていないけれど、
不安に思う行為があった…

 

梅毒は無症候もあるので、症状がないからと言って、感染していないとは言い切れない厄介な性病です。

 

はっきりとした症状があるなら、なるべく早く病院で診察を受けてください。

 

もしも不安に感じているのであれば、あなたのためにも、大事なパートナーのためにも、勇気を出して検査をすることをオススメします。

 

保健所や保健センターでは月2回ほど無料(一部負担のところもあります)で性感染症の検査を行っています。

 

タイミングが合わない、人と顔を合わせたくない場合は、郵送式の検査もあるので利用すると良いでしょう。

 

梅毒は早期発見・早期治療をすることで、パートナーへの感染はもちろんですが、母子感染の確率を軽減させることも可能になっています。

 





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,初期症状,検査,梅毒の治療薬



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,初期症状,検査,梅毒の治療薬



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒の治療薬関連ページ

梅毒の治療法について
梅毒の治療法について、梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療を行ないます。海外ではペニシリンGの筋注単回投与が主流ですが、国内ではペニシリン剤などの飲み薬で治療します。
梅毒の治療期間はどのくらいかかるのか
梅毒の治療期間の目安は、第一期の治療期間:2週間から4週間、第二期の治療期間:4週間から8週間 第三期以降の治療:8週間から12週間ほどです。
梅毒の治療費はいくらかかるか
梅毒の治療費用はいくらかかるか、病院での治療は、健康保険を使うか自由診療かで費用が変わってきます。梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療です。
梅毒治療には痛み、吐き気などの副作用がでる
梅毒治療を始めると、数時間から数日以内に発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛などの症状が出る事があります
梅毒は一度かかると完治はしないの?
梅毒は一度かかると完治はしないの?梅毒に感染すると一生検査で陽性反応が出ます。梅毒検査のTPHA法は感染し、一度陽性となると治療と経過にかかわらず陽性が持続するのです。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?