梅毒の治療について

梅毒の治療について記事一覧

梅毒の治療法について

梅毒の治療法について梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療を行ないます。海外ではペニシリンGの筋注単回投与を行なっているところが多いようですが、国内では経口合成ペニシリン剤(アモキシシリンなど)、簡単に言ったら飲み薬で治療します。治療開始後数時間で、体内に増殖していたトレポネーマが大量に死滅するので...

≫続きを読む

梅毒の治療薬

梅毒の治療薬はペニシリン系の抗生物質梅毒の治療薬で使われているのは主にペニシリン系の抗生物質です。ペニシリンにアレルギーがある場合は、抗真菌薬やテトラサイクリン系の抗生物質などを用いて治療を行います。梅毒は感染経路が同じことから、HIVと同時感染の報告も多くなってきており、HIVの合併症を起こしてい...

≫続きを読む

梅毒の治療 ペニシリンについて

梅毒の治療薬として有名なのが「ペニシリン」です梅毒1期と2期であれば1回の注射で済むので海外ではペニシリンGの筋肉注射が標準的ですが、日本では内服薬で治療を行っています。日本でも過去にペニシリン注射による治療を行っていましたが、アレルギーによるショック死が発生して以来、筋肉注射は行われていません。ペ...

≫続きを読む

梅毒の治療期間はどのくらいかかるのか

梅毒の治療期間はどのくらいかかるのか梅毒の治療期間はステージ(病期)により変わってきます。梅毒治療期間の目安梅毒一期:2週間から4週間梅毒二期:4週間から8週間梅毒三期以降:8週間から12週間梅毒は早期に正しく治療すれば短い治療期間ですみますが、ステージ(病期)が進むほど治療が長引きます。また使用す...

≫続きを読む

梅毒の治療費はいくらかかるか

梅毒の治療費はいくらかかるか病院での治療は、健康保険を使うか自由診療かによって費用が変わってきます梅毒の治療は抗生物質を使用した薬物治療なので、費用は診察料、検査料、薬代、再診時の再診料などがかかると思っておきましょう。性感染症の専門病院は、自由診療の病院が多く、高いというイメージがありますが、プラ...

≫続きを読む

梅毒治療には痛み、吐き気などの副作用がでる

梅毒治療には痛み、吐き気などの副作用がでる?梅毒治療を始めると、数時間から数日以内に発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛などの症状が出る事があります。これは、体内に増殖した病原菌tp(トレポネーマ)が急激に死滅する為に起こる反応、ヘルクスハイマー現象(Herxheime反応)と呼ばれるもので、薬の副作用ではあり...

≫続きを読む

梅毒は一度かかると完治はしないの?

梅毒は一度かかると完治はしないという都市伝説梅毒に感染すると一生検査で陽性反応が出る…梅毒検査にはいくつかの方法があります。脂質抗原を用いる方法(STS法)免疫抗体をしらべる(TPHA法)ガラス板法この中の免疫抗体をしらべるTPHA法は、梅毒に感染し、一度陽性となると治療と経過にかかわらず陽性が持続...

≫続きを読む

梅毒治療、ペニシリン注射の解禁も?

梅毒治療、ペニシリン注射の解禁も?2010年から感染が拡大している梅毒、2016年の報告数は前年比70%を超える4518人。2017年は7月時点ですでに3000人を超える感染者が報告されています。梅毒初期の治療であれば、海外では1回のペニシリンの筋肉注射が主流ですが、日本ではペニシリン注射は行われて...

≫続きを読む


性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?