梅毒の症状はないけど可能性のある行為をした場合

梅毒の症状はないけど可能性のある行為をした場合

梅毒の症状はないけど可能性のある行為をした場合

梅毒は治療しない限り、自然には治りません

 

梅毒は、感染後3週間くらいから「しこり」など特有の症状は出るのですが、2週間くらいで軽快してしまうので、治ったと勘違いする人もいるようです。

 

でも梅毒は自然に治ったりしません。
症状は消えても、病原菌であるトレポネーマは確実に増殖し、体を蝕んでいきます。

 

二期のバラ疹も同様に2週間くらいで消滅します。ただ、このあたりか梅毒疹が出たあたりで感染に気付く場合が多いようです。

 

梅毒が不治の病として恐れられていたのは昔の話。現代では治療府も確立し、早期治療で完治できる性病になりました。

 

ただし、治療しなければ、病原菌であるトレポネーマは体内から消えることはなく、内臓や組織を侵し、最終的には死に至る怖い性病です。

 

もしあなたに梅毒の症状が出ているのであれば、すぐに病院で診察を受けてください。

 

自覚症状がない場合でも、感染の可能性のある危険行為で不安な場合は、その日から4週間以降から検査が可能です。

 

特に梅毒の初期は感染力が強く、移しやすい時期なので早期発見が大事です。

 

※よく読まれている記事
病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
郵送式の梅毒検査を受けるメリット・デメリット

 



本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,初期症状,検査,症状,タイミング



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,初期症状,検査,症状,タイミング



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒の症状はないけど可能性のある行為をした場合関連ページ

梅毒検査を受けるタイミング
梅毒は感染後4週間経過後から検査可能です。梅毒検査はタイミングが大事なんですね。梅毒に感染の不安を抱えている場合、すぐにでも検査を受けて結果を知りたいと思うかもしれません。
梅毒かもしれない症状がある場合
梅毒かもしれない症状がある場合、梅毒は、感染後~3ヶ月が非常に感染力が高くなります。感染の可能性のあるような危険行為のあと、梅毒が疑われるような症状が少しでも現れたら、迷わず病院を受診してください。
風邪や抜歯で治療中の梅毒検査は検査結果が変わる
梅毒の治療薬は抗生物質を使用するため、検査を受けようとしている時に抗生物質を使用していると、正しい検査結果が得られない場合があります。
梅毒の即日検査を受けられるところ
梅毒の即日検査は病院や一部の保健所で検査を受けることができます。「クイック検査」「迅速検査」とも呼ばれ、病院では15分程度で検査結果がわかります
梅毒検査を受ける病院の選び方
梅毒かもしれない…どこの病院に行けばいいんだろう。感染の不安を抱えた誰もが、どこの病院に行けばいいのか一度は悩むはずです。梅毒の場合は、症例を診た経験が豊富である、専門病院が確実だと思います。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?