梅毒検査は大病院より専門病院

梅毒検査は大病院より専門病院

梅毒検査は大病院より専門病院

梅毒感染の不安から病院で検査・診察を受ける場合は、総合病院などの大病院を利用するよりも、症状や症例に詳しい専門病院(性感染症科・性病科)がおすすめです。

 

大病院には大病院のよさがありますが、梅毒に関しては、やはり専門医のほうが見逃しが無いと思うからです。

 

この5年ほどは急増傾向にある梅毒ですが、クラミジアや淋病のようにポピュラーな性病とは言えず、正直に言って症例を見たことがない医師も多いと思います。

 

やはり、性病に関しては性病に詳しい性感染症科が一番でしょう。

 

加えて、性感染症科(性病科)の看板のある病院の多くは、病気の性質上プライバシーへの配慮があり、受付や看護師など出ストレスを感じることが少ないはずです。

 

ただでさえ感染したかもしれないと不安なのに、受付でイヤナ思いしたくありませんよね。

 

症状などは出ていないけれど、危険行為をしたので不安…。感染の有無だけでも確認したい。という場合は、郵送式の性病検査も精度が高いのでオススメです。

 

※よく読まれている記事
病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
郵送式の梅毒検査を受けるメリット・デメリット

 





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,初期症状,検査,デメリット,メリット



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,初期症状,検査,デメリット,メリット



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒検査は大病院より専門病院関連ページ

病院で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
病院で梅毒検査を受けようと思った時、あなたなら近所の病院で検査を受けますか?性病検査、特に梅毒検査を受けようと思う人は、たいていの場合、近くの病院には行きません。
保健所で梅毒検査を受けるメリット・デメリット
保健所で行なっている性感染症の検査は月に2回程度。タイミングが合わないと、不安を抱えたまま数週間を過ごす事になります。また全ての保健所で梅毒検査を行なっているわけではありませし、人数制限をもうけている場合もあります。
郵送式の梅毒検査を受けるメリット・デメリット
郵送式梅毒検査のメリットは自宅にいながら、保健所や病院と同じ精度の精度の高い検査を受けられるのことが、最大のメリットです。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?