梅毒の初期症状と検査ガイド

梅毒はコンドームで予防できない?

梅毒はコンドームで予防できないと聞きましたがホントですか?

梅毒はコンドームを使用しても100%は予防できません。

 

梅毒の病原菌であるトレポネーマはとても感染力に強く、コンドームで覆われていない部分の皮膚が接触すると感染の可能性があるからです。

 

とはいえ、コンドームを使用することで梅毒感染をかなり防げるのも事実です。

 

要は、コンドームを使っているから大丈夫と過信してはイケナイということ。

 

皮膚や粘膜に異常があったら性交渉はやめておきましょう。

 

そして予防には一定の効果があるので、必ずコンドームは使用しましょう。

 

梅毒感染を予防するには、コンドームを使用することと、皮膚や粘膜に異常が見られるときは性交渉をしないことです。

 

※よく読まれている記事
梅毒検査を受ける時期・タイミング
針刺し事故で看護師も感染する?
HIVと梅毒の重複感染感染は進行が早い

 





本サイト推奨の検査キット

性病検査キットでの検査は、国から認可を受けた「登録衛生検査所」で行ないます。検査結果は医療機関、保健所と同等の信頼性の高いものです。

重複感染の多い3項目を検査

   HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎

タイプO(男女共通)はこちらから


梅毒,コンドーム,予防,検査時期,タイミング,予防できない



STD 5項目をまとめて検査でひと安心

HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌

タイプE 男性用はこちらから

タイプE 女性用はこちらから


梅毒,コンドーム,予防,検査時期,タイミング,予防できない



◆性病検査 STDチェッカー はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

 


信頼性、サポート内容、運営会社の規模から本サイトでは以下のメーカーを推奨しています。


※閲覧の多い記事です

梅毒はコンドームで予防できない?関連ページ

梅毒はアナルセックスで感染しやすい?
梅毒はアナルセックスで感染しやすいってホント?なぜアナルセックスだと梅毒やHIVに感染しやすいのですか?梅毒検査のタイミング時期はいつからですか。
痛みのないブツブツ(しこり)が潰れた…梅毒ですか?
痛みの無いブツブツ(しこり)が潰れて汁がでていますがこれは梅毒ですか?
梅毒でも献血はできるの?
梅毒を治療して完治しても献血はできないのでしょうか?梅毒検査では完治しても陽性反応は残ります。過去に感染したことがある人は献血はできません。
握手で梅毒に感染することはありますか?
握手で梅毒に感染する確率はきわめて低いのですが絶対に感染しないとはいえません。梅毒疹のできている手で握手をすれば感染の可能性はあります。
つり革で梅毒に感染することってありますか?
バスや電車のつり革で梅毒に感染する確率はきわめて低いのですが絶対に感染しないとはいえません。梅毒疹のできている手で接触をすれば感染の可能性はあります。
コップの回しのみで梅毒は感染しますか?
コップの回しのみで梅毒に感染する確率は極めて低いですが感染の可能性はあります。
梅毒は銭湯で移るの?
梅毒が銭湯や温泉などで移る事ってあるのでしょうか?
梅毒はオーラルセックスでも感染する
梅毒はオーラルセックスでも感染します。初期症状は痛みやかゆみのない赤いびらん(隆起物)が感染部位に現れ、破れて潰瘍になること。押すとコリコリとしたしこりのような感触が特徴です。
オーラルセックスで梅毒が不安な場合は何科を受診?
梅毒はオーラルセックスでも感染します。初期症状は痛みやかゆみのない赤いびらん(隆起物)が感染部位に現れ、破れて潰瘍になること。押すとコリコリとしたしこりのような感触が特徴です。
オーラルセックスで性病を予防するには
オーラルセックス(口腔性交・フィラチオ)で性病を予防にはコンドームの使用が有効です。オーラルセックスを行なうカップルは若い世代に多く、ほとんどがコンドームを使用していません。
梅毒に感染したら履歴が残るってホント?
梅毒に感染したら履歴が残るってホント?血液検査で過去の梅毒感染がわかります。たとえ治療が完了していても、血液中に梅毒の抗体が残っているため、血液検査を行うと過去の梅毒の履歴がわかるのです。
梅毒ついて相談できる機関はありますか?
梅毒は非常に感染力の強い性病(性感染症)です。初期症状は痛みやかゆみのない赤いびらん(隆起物)が感染部位に現れ、破れて潰瘍になること。押すとコリコリとしたしこりのような感触が特徴です。感染4週目以降から検査で感染の有無がわかります。
梅毒の治療は売薬でも大丈夫?
梅毒の治療は売薬でも大丈夫?梅毒は非常に感染力の強い性病(性感染症)です。完治したかどうか自己判断で決めるのは大変危険です。

性病検査、保健所と病院どっちを選ぶ?